スポンサードリンク

感染症伝染病の予防治療の重要性

鳥インフルエンザや狂牛病をはじめ、新たな感染症の危険性が叫ばれています。

感染症は古くから甚大な被害をもたらしてきた歴史があり、スペイン風邪の大流行から最近のエイズにいたるまで、未だに克服できない感染症や伝染病は多いと思います。
特に最近は人の往来が世界的な規模で活発化し、病気も人と一緒にあっという間に世界中に拡がる可能性が出てきています。感染力の強い病気は注意が必要で、住み慣れた土地から離れて学校に行ったり、出張や転勤時にはとりわけ気をつけないと思わぬ感染症や病気にダウンしかねません。
感染症には人間から人間にうつる病気だけでなく、鳥インフルエンザが冬になると話題に上るように、動物や昆虫などから人間にうつる病気もたくさんあります。
今年は新型インフルエンザで大騒動で、感染予防にワクチンを大量に購入したのはいいけれど多くが余ってしまって廃棄処分になるというオチもつきました。すっかり新型インフルエンザも下火となり感染症対策の難しさを示しているともとれます。
そして古くて新しい腸管感染症の問題では、相変わらず腸管出血性大腸菌など病原性をもった細菌やノロウイルスなどウイルス感染症が後を絶たない状態で感染予防にもっと力を入れる必要がありそうです。
また、なかには海外で犬に咬まれて狂犬病で死亡する人もでています。狂犬病のように致死的な病気もありますから、旅行時に旅行先の国々での感染症予防策や治療法について調べることは、海外旅行を楽しみたい方々にとっても必要となってきていると思います。
感染症の予防に関しては、完璧に予防するのは困難と思いますが、基本的な考え方や注意点について理解することで、少しでも旅先で倒れるようなことを防止するよう注意をしたいものです。



重要事項:
[感染症伝染病の予防治療に感染症ケア」内に掲載されている内容については誤りのないように注意を払っていますが正確性を保証するものではありません。
掲載内容についてはご利用された方に不利益や損害等が生じた場合、当サイト管理人は一切責任を負いかねますのでどうかご了解の上でご利用下さい。
また、商品のご購入に際しましては、当サイトではアフィリエイトシステムをとらせていただいているため、各販売会社の特定商取引法に関する事項を参照していただくようお願いいたします。

当サイト内における誤った記載などお気付きの場合は下記連絡先までお知らせいただけると幸いです。

お問い合わせ:mabou98gata@@yahoo.co.jp(@はひとつで送信して下さい。)



links:
水虫は爪の水虫も白癬菌の感染症

相互リンクドクター!アクセスアップ
アクセス支援の検索エンジン
相互リンク/簡単!自動相互リンク/1st-link無料相互リンク/

posted by mabou at 23:59 | トップページ

はしか感染の増加

はしか(麻疹)の感染が増加しているそうで、なかには海外で感染したりする場合もあるようですが、感染源が不明の場合も少なくないそうで注意が必要といいます。
たしか、はしかは大人になってから感染すると症状も重くなる可能性があると聞いたような覚えもあって、感染予防に注意する必要があるのでしょうが、いろんな感染症があって感染予防に有効な手立てが打たれるよう期待したいところです。
posted by mabou at 05:55 | 感染症ニュース

エボラ出血熱の感染

ギニアで発生している謎の感染症は、死亡率が高く、決定的な治療法もないというエボラ出血熱と判明したそうで、感染の拡大が心配されるところです。
未だに治療法のない感染症が猛威をふるっていることを考えると、ウイルス疾患の怖さが実感されます。
日本でもこうした感染症が拡大しない保証はないわけで、感染症の防止には細心の注意を払う必要がありそうです。
posted by mabou at 16:26 | 感染症ニュース

インフルエンザワクチンの効果増強?

いろいろな感染症の予防にワクチンの予防接種は行われていますが、そうした予防接種の効果を増強させる方法が発表されたといいます。
動物実験では免疫増強効果が確認できたといいますから、これから人間に対して効果が確認されればワクチンの有効性を高めることが可能になるのかも知れません。
posted by mabou at 16:24 | 感染症ニュース

カンピロバクター感染

カンピロバクターの感染は、潜伏期間が長いことから気づかれにくいといいますが、日本で販売されている鶏肉は、多くがカンピロバクターによる感染が心配される状況だといいますから、身近にありふれた感染症といえそうです。
症状が出ない人もいるそうですが、下痢や発熱といった症状が知られていて、鶏肉から他の食品に汚染が広がらないように注意する必要があります。
posted by mabou at 20:51 | 感染症ニュース

新型インフルエンザと季節性インフルエンザ

何年か前には新型インフルエンザとして警戒されていたインフルエンザウイルスは季節性のインフルエンザとしてほかのインフルエンザウイルスと同じように感染が広まっているといいます。
寒さが増してインフルエンザの感染が広がっていますが、この中にはこうした新型インフルエンザも少なくないといい、毎年繰り返されるインフルエンザ感染なのですが、流行するウイルスの型は変遷しているようです。
posted by mabou at 07:07 | 感染症ニュース

中国と韓国の鳥インフルエンザ

中国や韓国で鳥インフルエンザの感染が問題になっていて、中国では死者も出ていて、人から人への感染がいつ起きてもおかしくないのではないかと思われます。
鳥のインフルエンザにも人のインフルエンザにも感染しやすいとされる豚が、両方に感染して体内で遺伝子が混ざり合って人から人への感染を起こす新型インフルエンザに変異する可能性が指摘されているそうで、爆発的に感染が広がる危険性があるそうです。
posted by mabou at 23:39 | 感染症ニュース

インフルエンザの流行と耐性ウイルス

気温が下がり寒さが増す中、インフルエンザが猛威を振るっているようですが、1つの問題は、治療に使われるタミフルやラピアクタに耐性を示すウイルスが出てきたことです。
抵抗力が弱いといわれる子供や高齢者は注意が必要で、感染予防に注意して手洗いやうがいの励行をしていく必要があり、まだまだ寒さが続く中、感染予防に力を入れていくことが重要です。
posted by mabou at 23:28 | 感染症ニュース

ノロウイルス集団感染に注意

寒い季節の食中毒はノロウイルスなどのウイルス感染に注意する必要があり、下痢などの症状が出ない人でも便にはウイルスが排出されていて感染拡大につながるようです。アルコール消毒では効果がないそうで、手洗いの励行が必要です。
特に給食など食に関わる人が感染していると集団感染につながるため、感染防止対策は簡単ではないようで、手洗いをしっかり行うなど注意が必要とされています。
posted by mabou at 07:29 | 感染症ニュース

鳥インフルエンザ感染に注意?

鳥インフルエンザについては人間への感染が問題となっている中国ばかりでなく、お隣の韓国でも感染が広がっているようで注意が必要とされています。
鳥インフルエンザは鳥から人へと感染しているようですから、日本でも早晩感染が確認されるのではないかと思われ、感染拡大の防止策が早急に必要でしょう。中国での感染例では死者も出ているといいますから要注意です。
posted by mabou at 07:15 | 感染症ニュース

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。